FC2ブログ

”本物”の「牡丹灯篭」、その結末。「牡丹灯記」台詞(後編②)

スマン、台詞ひとつで
終わってしもうた・・・


「牡丹灯記」はこれが最後。いや書き写すのが結構難儀でね。鉄冠道人の裁判の続きだよ。



【鉄冠道人】蓋聞、大禹鋳鼎、而神姦鬼秘、莫得逃其形。温山喬燃犀、而水府竜宮、倶得現其状。惟幽冥之異趣、乃詭怪之多端、遇之者不利於人、遭之者有害於物。大厲入門而晋景歿、妖豕啼野而斉襄夕且。降禍為妖、興灾作孽。是以九天設斬邪之使、十地列罰悪之司。使魑魅魍魎、無以容其奸、夜叉羅刹、不得肆其暴。矧此清平之世、土旦蕩之時、而乃変幻形躯、依附草木、天陰雨湿之夜、月落参横之晨、嘯於梁而有声、窺其室而無睹。蠅営狗苟、羊狠狼貪、疾如飄風、烈若猛火。喬家子生猶不悟、死何恤焉。符氏女死尚貪婬、生可知矣。況金蓮之怪誕、仮盟器以矯誣、惑世誣民、違條犯法。狐綏綏而有蕩、鶉奔奔而無良。悪貫已盈、罪名不宥。陥人坑従今填満、迷魂陣自此打開。焼毀双明之灯、押赴九幽之獄。



これだけだと寂しいのでもう少し話しておくね。魏法師の”法師”ってのはお坊さんの事ではなくて”法術使い”のことを指す。民間でまじないやら占いやらをやってる人で、道士とは異なる(かなり大雑把だけど)。日本の人には『うしおととら』のをイメージするとわかりやすいかな(もっとも彼は道人に法術―作中では符術・禁術―を学んだが)?



さてこの「牡丹灯記」、中国では基本廃れました。ただしそれはこれの発展形が登場しかつそれが支持されたから。日本の場合変に毒が抜けたりイメージ優先で語られてる節がある。どっちがいいと思う?



あとこれは姐姐に教えてもらったのだが、”急急如律令”ってのはプログラム実行の際の命令なんやな。


BlogRanking Banner.Click their!!



Click this, and you will go to 真児喫茶店!

スポンサーサイト



テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

日本にはない”本物”の「牡丹灯篭」。「牡丹灯記」台詞(後編①)

ちょっと長いな~と
感じたので後半は
前後に分けます


台詞だけしか書かないので分らんかもしれないが、絶命した喬はどうなった?寧波の街は大騒ぎ!



【魏法師】吾之符籙、止能治其未然。今祟成矣、非吾之所知也。聞有鉄冠道人者、居四明山頂、考劾鬼神、法術霊験。汝輩宜往求之。



【鉄冠道人】山林隠士、旦暮且死。烏有奇術。君輩過聴矣。



【鉄冠道人】老夫不下山已六十年、小子饒舌、煩吾一行。



【鉄冠道人】此間有邪崇為禍、驚擾生民。汝輩豈不知耶。宜疾駆之至。



【喬】伏念、某喪室鰥居、倚門独立、犯在色之戒、動多慾之求。不能效孫生見両頭蛇而決断、乃致如鄭子逢九尾狐而愛憐。事既莫追、悔将奚及。



【麗卿】伏念、某青年棄世、白昼無隣、六魄雖離、一霊未泯。灯前月下、逢五百年歓喜冤家、世上民間、作千万人風流話本。迷不知返、罪安可逃。



【金蓮】伏念、某殺青為骨、染素成胎。墳壠埋蔵。是誰作俑而用。面目機発、比人具体而微。既有名字之称、可乏精霊之異。因而得計、豈敢為妖。



日本語や簡体字(中国語)にない漢字がよく出てきて結構負担が大きい。そんなウチの負担に応えるべく面倒くさがらずに下のブログランキングバナーをクリックするんやで!でも麗卿も災難やね、彼女は単に無茶苦茶いっぱいSXしたかっただけやのに。それ考えると(自己責任の前提はあるけど)条件が許せば好きなだけSXができる現代の先進諸国は大変ハッピーやで!


BlogRanking Banner.Click their!!



Click this, and you will go to 真児喫茶店!

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

符麗卿、怒りの監禁&逆●●●!「牡丹灯記」台詞(中編)

まあ麗卿からすれば
「妾はヤリ捨てられた」
とか思うわな



とりあえず身の安全は確保した喬だが、好事魔多し。寧波に友達がいて、そいつのところで飲んで帰って・・・。



【金蓮】娘子久待。何一向薄情如是。



【麗卿】妾与君、素非相識、偶於灯下一見、感君之意、遂以全体事君、暮往朝来、於君不薄。奈何信妖道士之言、遽生疑惑、便欲永絶。薄倖如是、妾恨君深矣。今幸得見、豈能相捨






【湖心寺僧】此奉化州判符君之女也。死時年十七、権厝於此、挙家赴北、竟絶音耗、至今十有二年矣。不意作怪如是。



はいっ、倭国で一般的に知られている「牡丹灯篭」はここまでになります。でもまだこれは中編なの。ということは後編があるってこと?そうなのよ。話変わるが符麗卿、今の世間一般で言う「ヤンデレ」なんですがねえ(見てる分には楽しいけど)。



しかしこの”遂以全体事君”って表現、中々面白いな。


BlogRanking Banner.Click their!!



Click this, and you will go to 真児喫茶店!

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

倭國猴子諸君、読めるかな(笑)?「牡丹灯記」台詞(前編)

誰もが知ってる
「牡丹灯篭」の
誰もが知らないオリジナル



今回からは「剪燈新話」中の作品「牡丹灯記」の台詞を流す。いろいろとブログ構成でやってみたいこともあってね。で、なるたけ向こうの言葉で書いたる。倭國猴子の皆さん、読めるかな?



【美人】初無桑中之期、乃有月下之遇、似非偶然也。



【喬生】弊居咫尺、佳人可能回顧否。



【美人】金蓮、可挑灯同往也。



【美人】姓符、麗卿其字、淑芳其名、故奉化州判女也。先人既歿、家事零替。既無弟兄、仍鮮族党。止妾一身、遂与金蓮僑居湖西爾。



【隣翁】嘻、子禍矣。人乃至盛之純陽、鬼乃幽陰之邪穢。今、子与幽陰之魅同処而不知、邪穢之物共宿而不悟。一旦真元耗尽、灾眚来臨、惜乎以青春之年、而遽為黄壌之客也。可不悲夫。



【隣翁】彼言僑居湖西。当往物色之、則可知矣。



【隣翁】玄妙観魏法師、故開府王真人弟子、符籙為当今第一。汝宜急往求焉。



【魏法師】妖気甚濃、何為来此。



【魏法師】令其一置於門、一懸於榻、仍戒不得再生往湖心寺。



鰥夫が驚異的な美少女をお祭りの夜に引っかけて、それから彼女と毎日S●X三昧。どう、勃〇した?しかしそれが鬼(means not demon, but ghost)だった!そりゃあS●Xなんかしてる場合じゃないってことなんだけど・・・さあどうなるのでしょうか?



BlogRanking Banner.Click their!!



Click this, and you will go to 真児喫茶店!

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

白真儿(倭國名:県真女児)

Author:白真儿(倭國名:県真女児)
漫画家・イラストレイター・編集者・翻訳家・インストラクター白真儿(BaiZhener/県真女児)の情報を拡散するのが目的のブログ。古い小説・運動などなどありけり。皆ちゃんと読むんやで!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Weblog Ranking Banner



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR